キャバ嬢の衣装(ドレス)とは?キャバクラお仕事まとめ

キャバ嬢の衣装(ドレス)とは?キャバクラお仕事まとめ

キャバクラの勤務時はアルバイトであってもドレス(衣装)ファッションでの接客と決まっています。 もちろんセクシーキャバクラやランジェリーキャバクラのように素肌を出すのを売りの1つとしているキャバクラなら、 ドレス(衣装)を着ない場合もありますが、ほとんどがドレス(衣装)着用です。

 

体験の場合、大体のお店が無料で貸し出してくれますし、実際には店から借りるのに、女性が1着あたり1日のレンタル料が、 500〜1,000円位かかりますが、多くの女性が自分の衣装を何着も店に置いてあり、体験入店の場合以外は、通常働いてる子で、 ちょっと、気分を変えてお店のドレス(衣装)を使用する場合は、お店にバレない場合がほとんどだそうです。 けど、店のドレス(衣装)は型落ちだったりサイズが合わなかったりするので、一時的なアルバイトでも購入する女の子も多いです。

 

ドレス(衣装)の値段としては、3万のものもあれば2000円程度のものもあるので、気軽に購入できるものも多いです。 たいていのキャバクラ店には、お店にドレス(衣装)(靴なども)を販売する専門の業者が来てくれて、とても安く買えます。 また同じ店のキャバ嬢同士で仲の良い女の子から借りたり、逆に貸したりするケースもあります。

 

色としては,白や黒や赤が多くて,それらの色を好むキャバクラ嬢が多いです。形として、ミニスカートタイプのドレス(衣装)もありますが、 ロングの方がスタイルもよく見えるので、ロングドレス(衣装)を好んで着用する女の子も多いです。

 

また少し胸元があいていた方がセクシーさも増してくるので、お店のスタイルやお客様の層によってドレス(衣装)の雰囲気を変えるキャバクラ嬢もいます。 工夫をする女性の中で多いのが、ブラジャーの中に、パッドではなくあえて「ヌーブラ」をつけて胸を大きく見せることをしています。

 

最近では通販で「キャバ嬢の人気ドレス(衣装)通販ショップ」というのもあります。そういうのを見て、 購入してもいいですし、参考にしてもいいと思います。

 

キャバクラ 求人