メイドキャバクラとは?一般のキャバとの違いついて

メイドキャバクラとは?一般のキャバとの違いついて

メイドキャバクラとは、女性のキャバクラ嬢がメイド服を着てお客様の接客をするところです。 基本的に、お客様の隣に座ってお酒を作ったりお話し相手をするアルバイトです。 昼のメイド喫茶に対して、夜の「メイドカフェ」とも言えます。 昼のメイド喫茶に比べて、遥かに高収入のため、メイド喫茶から流れて来る女の子が急増しています。

 

基本はメイド服を着て接待するキャバクラですが、通常のキャバクラとの違いを述べますと 衣装がドレスでなく、メイド服であることです。 メイド服といっても、様々な種類があるので、選ぶ楽しさが女性にもあります。 それと、お客様の事は「ご主人さま」とお呼びするなど、独特の言い回しをした接客をします。 来店するお客様を「いらっしゃいませ」ではなく、「お帰りなさいませご主人さま」とご挨拶したりします。 また、黒服(ボーイ)さんの事は「爺や」と呼んだりしてます。

 

一般のキャバラクラではボーイに対して「お願いします」と呼ぶ所を、「爺やお願いします」と呼びかけるのです。 お客様の中には戸惑う人もいますが、メイドキャバクラ独自の言い回しでして、それが一番の特徴なのです。 またセット(フリードリンク類)にアイスコーヒーや紅茶が含まれたりすることもあります。 女の子の性質が一般のキャバクラとはやや違うこととしましては、 一般のキャバクラの女の子は、いわゆる「ギャル系」が多いのに対して、メイドキャバクラの女の子は「腐女子系」と言われる女性が多く、 ゲームや、アニメなどに関心が高いお客さんが来ますので、働く女性もそのような女性が多く働いています。

 

キャバクラ 求人