昼(朝)キャバクラとは?キャバと昼キャバ朝キャバの違い

昼(朝)キャバクラとは?キャバと昼キャバ朝キャバの違い

本来キャバクラは風適法の関係上、遅くとも深夜1時には営業を終了しなければならないことになっているが、従来はその制限を守らず、客がいる限り深夜4〜5時頃まで営業を行う店がほとんどでした。しかし近年になって警察の取締が強化され深夜帯の営業が困難になりつつあることから、また雇用形態の多様化から朝や昼間でもキャバクラのような業態の店舗に対するニーズが生まれてきたのです。主に既存のキャバクラが、昼間遊んでいる店舗の活用、深夜帯の営業中止により減少した売上を少しでもカバーすることなどを目的に、昼間から営業を開始する例が見られるようになりました。これら昼間営業するキャバクラを通称「昼キャバ」と呼びます。

 

早朝から昼にやっているキャバクラも増えており、たいていの営業時間は、朝5時から夜の10時までというのが多いです。よって、お店に午前中来るお客さんや、キャバ嬢にとっては、「朝キャバ」となりますし、午後昼過ぎからは「昼キャバ」となります。時給は夜キャバより大幅に低くなります。そのかわりノルマがないのが一般的です。「朝キャバ」の客層はキャバクラのボーイやホストなどの同業者が多いのも特徴です。朝まで働く業界の男性客が、仕事帰りに行くのが朝キャバの特徴でしょう。今は、サラリーマンなどが料金が安いことから、ちょっと仕事の合間に、遊ぶ「昼キャバ」もはやっています。朝キャバとか昼キャバは店内がちょっと明るいこともあって、女性の容姿がきれいな人が多いのも特徴で、面接審査が結構厳しいです。

 

キャバクラ 求人