セクシーキャバクラとは?キャバとセクキャバの違い

セクシーキャバクラとは?キャバとセクキャバの違い

セクシーキャバクラ(セクキャバ))とは、常に、またはある一定時間、上半身裸でディープキス等のサービスをお客に提供するお仕事です。時給の最低水準はキャバクラに比べて高いです。ノルマがない、あるいはキャバクラに比べて規則やお店側の要望がゆるめです。時給制ではなくチップ制のお店もあります。

 

セクシーキャバクラ(セクキャバ)以外に類似の店舗の名称としましては、セクシーパブ、おっぱいパブ(略しておっパブ)等の店舗は、キャバクラとは異なり客が女性の胸を触る・揉むなどの行為が許されています。服を脱がせるといったセクシーサービスを行う店もあります。女性のセクシーサービスは、客の上に対面で乗り、キスやボディタッチをさせる行為が主です。

 

まずセクシーキャバクラ(セクキャバ)が、どういうものなのか少し説明します。 店舗にお客さんが入る前に写真指名をする場合はその女性がずっと一緒にいますがとりあえずフリーでお客さんがお店に来た場合、40〜50分で1セットになります。その間、女の子が1人目→2人目→3人目→1人目というように変わります。1人あたりだいたい10分程度です。その間に気に入った子が来ればストップをかけます。いわゆる店内指名になります。指名すれば、もちろん女の子が変わる事はありません。指名料は1,000〜3,000円です。どこのお店もだいたいこんな感じだと思います。会話プラス体が触れる…なのですが会話はあまり重要ではありません。お客さんが擬似恋愛的なものを特に求めている場合は別ですが。

 

女性側は10分程度で何を話すのか、どこを触らせるのか、だいたい決まってます。指名客には番号、アドレスを教えたりしますが、それ以外はまず教えません。同伴・アフター等も、お店はうるさく言いません。キャバクラのように、お酒も食べ物もありません。よって基本的に、女性は指名本数のお客さんの人数で稼ぐしかありません。

 

キャバクラ 求人