キャバクラのお客さんってどんな人?客層について

キャバクラのお客さんってどんな人?客層について

キャバクラの客層は様々です。クラブなどと違って、ある程度安い感覚があるので、若い人も多いのが特徴です。そのキャバクラのお店の方針によっても違ってくるでしょう。若い女性ばかり、元気な女の子が多い店では若いお客さんが多いでしょうし、落ち着いた感じの女性が多く、年齢も少し高めの女性のいる店は年配の男性のお客さんが多いと思われます。あと、お客さんの職種も様々ですが、基本的に一番多いのは、やはりサラリーマンで、2次会でキャバクラに来るお客さんが多い思います。

 

また客層として、お客さんのキャバクラに来る目的、楽しみ方に女性は合わせなきゃいけません。そういう意味での客層を言うと、だいたい3つに分かれます。 もちろん例外もあります。

 

1、女性とヤリたいお客さん(圧倒的に多い)
もちろん、すぐにとはお客さんも思っている人は少ないですが、プレゼントや何度も通う事で、気持ちを伝え、同伴などをして、口説こうとする男性のお客さんは非常に多いと思います。女性は、そういう男性のお客さんをいかに引きつけて、お金を引き出させるかがポイントになります。

 

2、女の子と話をしたい(癒し?)
簡単にいうと愚痴を聞いてもらったり、聞き上手の女性を求める男性で、癒しを必要としているお客さんと言えるでしょう。

 

3、ガッと騒いで楽しみたい(ストレス発散)
このようなお客さんは、、多くは、複数で来る場合が多く、その場を楽しむことが目的で、女性側も一人だけではなく仲間との連携が必要でしょう。

 

キャバクラ 求人 情報