キャバクラで稼ぐためのテクニックとは?

キャバクラで稼ぐためのテクニックとは?

現在は雑誌などでも「キャバクラスタイル」が話題になっており、月刊誌にまでなっています。それに憧れて来る男性も少なくありません。そういったことを考えるとやはり、手に届くようで手に届かない存在でいること、常に女でいる事を意識していることが大切な心構えといえます。「女」だという意識がなくなった女性とお金を出してまで、時間を作って飲みにいきたいという男性がいるわけがありません。それと,キャバクラではお金をいただくわけですから、聞き上手にならなければいけません。人の話を聞くというのは、自分の頭の中の引き出しを広げるのにも役立ちます。自分を高めるチャンスといっても過言ではありません。もちろん中には嫌な事を言うお客様もいるでしょう。しかし、仕事だと割り切って話を流すようにすれば腹も立ちません。そんな気丈な気持ちの持ち方が大切だと思います。

 

お客さんが擬似恋愛(出来れば恋人にしたいと思っている。)そして、通常、体を売る仕事ではないので、仲が良くなって、いつか「ヤリたい」と思っているお客さんは非常に多いでしょう。このタイプが1番多いのではないでしょうか? 要は男性は下心を持ってきているということです

 

ヤリたいお客さんは、多くの場合『口説けない』と分かり次第来店しなくなったりします。他の店に行くか、指名替えさえする人もいます。でも指名を数ヶ月キープする事が可能なので、是非とも攻略しておきたいところです。

 

このタイプのお客は、「ヤレそうな子がいるか探しているのです」から、簡単に言えば『女性がそのような子の振る舞いをしたら良いわけです』もちろん、実際にエッチは絶対にやってはいけません。やれば噂になりますし、やった時点でお客も来なくなる場合も多いですから。いかに、引き延ばして、そのお客さんにスキを見せながら、気に入ってもらえるかがポイントになります。お客さんは、「やれるかも…」と思うことで、ある程度の頻度で指名して通ってくれますし、同伴などもしてくれるでしょう。また、プレゼントなどで気を引こうとしてくれるでしょう。しかし、出来ないと男性のお客さんが諦めた時点で、だいたいは終息の方向に向かいますが、数ヶ月でかなりの金額が稼げます。短く大きく稼ぐ意味では、こういうお客さんを見極めて、何人かいれば、大きな収入となります。

 

女性が男性のお客さんに接する方法としましては、まず「甘える」ことや、さりげなくヒザやモモに手を乗せたりする、時々胸を腕に押し付けてみる…、下ネタを取り入れてお客さんに、「このキャバ嬢はエッチな話しが好きなのかな?」と思わせる…などです。これらは一例ですので、逆に、シャイなお客さんに下ネタを連発しても、ひかれる場合もあるので注意が必要です。このように『わざとスキ』を見せる事が、一番の近道です。

 

やりたいという下心がわかる男性だけでなく、癒しやお酒を飲んで楽しむという男性にも、女性は、会話プラスαが、稼ぐために必要となってきます。まず、聞き上手になることがとても大事です。もちろん、お客の話しに合わせられるように、経済や男性の悩みであったり、天気から、事件のこと、芸能ニュースなどの情報をインプットしておくことも武器になりますので、必要な要素となるでしょう。

 

そして、特に指名してくれたお客さんには、たとえ気に入らないお客さんであっても、その場では、「好きな人」と思って、見つめることがとっても好印象を与えます。 気持ちも、その男性が今は一番好きという気持ちで接します。その気持ちがなければ、小手先だけでは、稼げません。

 

あとは、携帯電話のメールアドレスの交換は必須です。これもさりげなく交換できるといいと思います。名刺にアドレスを書いて渡す人も多いです。そして、仲が良くなってから、電話番号を教えるなどといった、じらす方法も有効です。名刺も必ず渡したほうがいいですが、結婚している男性のお客さんもいますので、その辺は気配りで渡しても問題ないかの確認は必要です。

 

とにかく、さりげげなく、自然に、相手の男性を褒めることがとても効果があります。例えば、「こんなに楽しい人は初めてです」とか、「女性にモテそうですね」とか、「○○さんに会えて本当に嬉しい」などと相手を褒めて、女性自身にとって、特別な存在という印象をつけるのも、男性にとっては非常に嬉しいことなのです。

 

そんな言葉の会話の中で、さりげなく相手の膝の上に手を置いたり、腕を組んだり、男性の手を握ったり、もたれかかったり、密着して、胸を押し付けたりするのが自然に出来ると、男性に喜ばれます。

 

人気キャバ嬢になりますと、こういったあらゆる手段もマスターし、常連客も増えて収入もアップしますが、さらに宣伝したい人などは、キャバ嬢専門の雑誌「Dokiポケ」という、男性向けのキャバクラ情報誌で、毎回男性からのアンケートで気に入ったキャバ嬢の投票があります。もちろん、一般の人の投票もありますが、一位になると、なんとその雑誌のインタービューを受けられ、雑誌に掲載され、しかもその雑誌の表紙を飾られるのです。 そのため、お店の従業員の男性が必死になって、投票をするそうです。その店のキャバ嬢が、他店のキャバ嬢を抜いて一位になって、表紙を飾れば、お店側も大きな宣伝になるからです。

 

またキャバ嬢はあらゆる努力も必要とされます。テクニックというような小手先の方法ではなく、地道ではありますが、自分についたお客さんのデータを個人の記録としてノートを作成しているなどの努力をしている女性も多いのです。その中身は、お客さんの職業や特徴、生年月日、好きなお酒、吸っているタバコの銘柄など細かく記載しています。 携帯で管理するのも当たり前ですが、嫌がらせなどで携帯を盗まれてしまったり、もちろん自分で携帯を紛失してしまったりで、お客さんの連絡先などのデータがすべて消えてしまうこともあります。 そうしますと、キャバ嬢にとって、命と言われる情報がなくなるのですから、相当なマイナスとなります。 そういう意味で、あえてアナログなノートをつけている女性もいるのです。
また擬似恋愛的な要素が必要と言ってきましたが、そういう意味でも男性のお客さんはキャバ嬢のプライベートを知りたがります。一番、怖いのが住所を知られることです。たいていは、○○区などくらいは言う女性も多いですが、徹底している人は、まったく反対の方向の居住区を言うキャバ嬢もいます。

 

キャバ嬢の容姿へのこだわりは、髪型、服装、メイクにもかなりこだわりますが、自分の本来の顔や体を整形する女性も多いです。特に、二重まぶたにする整形は安くて簡単(5〜10万円)なこともあって、ほとんどのキャバ嬢がやっていると言ってもおかしくありません。それ以外の整形ですと、「目頭切開」という整形で、これによって、目が大きく見えて見栄えがよくなります。あとは鼻を高くする整形をする女性や、腕や足に付いている脂肪を吸引して整形をする女性もいます。

 

キャバクラ 求人