キャバクラの働き方バイト・パート・派遣の違いとは?

キャバクラの働き方バイト・パート・派遣の違いとは?

基本的に「パート」という働き方はキャバクラではありません。 パートタイム的な働き方も「バイト」という位置づけになります。
また、「正社員」という位置づけがあります。バイトなどとは違って、それだけ仕事の時間も長く、お店側への貢献度が求められます。その分、ボーナス的なお給料が発生するなどの特典もありますが、バイトのような自由な時間を選べたりとかは出来にくいですし、また辞める時も、引きとめがお店側からある場合が多いです。でも、基本的に辞めることは出来ます。

 

正社員の位置づけとしては、基本が週に5日以上働くというのが、条件になります。 その正社員の位置づけを「レギュラー」とも言います。正社員の具体的な特典としては、やはり店側の男性従業員から、守られる、かわいがられる点でしょう。男性スタッフから、プレゼントをもらったり、食事に連れて行ってもらって、ご馳走してもらったり、様々な相談にのってもらうことがあります。また、報酬的なメリットとしては、社員(レギュラー)になると、特別ボーナスや例えばハワイ旅行に連れて行ってもらえるなどの特典、さらに実質的な収入として、正社員はドリンクのバック(通常のドリンクとボトル)の金額分が全額、女性にバックされ、収入となります。

 

通常のバイト扱いですと、そのバックは、お店側から50%(半分)の報酬となります。しかし、たいていの場合は、「バイト」という働き方をしている女性がほとんどです。また、人が足りない場合など、急遽、「派遣」を派遣会社を通じて女性を雇う場合がありますけれど、お店側の要望通りの女性が来るわけでもないので、容姿が悪かったりする場合も多いみたいです。

 

派遣での働き方は、臨時なので、様々なお店に対応しなきゃいけない分、無難な接客となってしまいます。そのため、ヘルプ的な要素がとても強いです。しかし、慣れてきて、容姿も良くて、お店側も気に入って、お客さんの反応も良かったりするとその日に、派遣会社を通さないで、お店側がスカウトしてくる場合がございます。そういう意味では、派遣で働いて、自分が色々なお店で働き、スカウトされて気に入ったら、女性がそのお店を選ぶといった方法も雇う側と、働く女性側の利害も一致していいかもしれません。もちろん、一日働いているのですから、お店の雰囲気もわかっているので女性側も精神的に楽ですし、お給料も通常の最低保証金額よりは高くスカウトしてくれるでしょうから、経験を積んで、ある程度容姿も良くて自信がある人にはいいかもしれません。

 

キャバクラ 求人