キャバクラのお仕事内容・接客方法が知りたい!

キャバクラのお仕事内容・接客方法が知りたい!

キャバクラの仕事内容(接客方法)は、お客さんが求めることは様々ではありますが、多くは疑似恋愛を求めてます。そのため女性も擬似恋愛の相手を演じなければいけない場合があります。最初は誰もが自分指名のお客さんを持っていないので、お店側から指名のないフリーのお客をつけてもらいます。一人のフリーのお客さんと接待する仕事内容(接客方法)は、時間が約10分〜15分です。そのフリーのお客を本指名としてお店によぶことがキャバ嬢の最大の役目となり、自分の報酬、お給料につながるわけです。

 

キャバクラの仕事内容(接客方法)としては、まずはお酒を作ることと、お客様との会話が基本的な仕事内容となります。しかし、言葉にしてしまえば簡単ですが、細かい気配りが必要となってきます。例えばお客様がトイレに行くときのエスコートや トイレから帰ってきてからの、おしぼりの手渡しなどがあります。さらに、女性自身がタバコを吸わないとしてもライターを用意しておいて、お客さんのタバコに火をつける事や、お客さんのグラスに 水滴ができたら拭くなどの気配りも仕事内容(接客方法)となります。それと、灰皿の交換もキャバ嬢の仕事内容(接客方法)ですが、多くのお店においては、お客さんの吸殻のタバコが最低2本になったら 取り替えるというルールもあります。お店では簡単に教えてくれる仕事内容(接客方法)としては、お酒の適量の作り方と挨拶ぐらいは教えてくれます。あとは周りのキャリアのあるキャバ嬢を見たりして真似をして、その中で自分らしさをだして、覚えていかなければなりません。しかし、* お店によっては、仕事内容(接客方法)のやり方を(例・グラスの拭き方、灰皿の交換の仕方、席の立ち方、名刺の渡し方など)を 詳しくマニュアル化して、仕事をする前に指導するお店もあります。実際のところ、このような仕事内容(接客内容)自体は、お店や指名されたお客様によって大きく違いが出てきます。例えば、アフター(営業後の付き合い)を毎回しないと来なくなるようなお客さんなら、その営業後のアフターも女性にとっては 仕事内容(接客方法)となります。(しかし、その場合のキャバ嬢に対しての給料・時給は発生しません)このようにお客さんとの線引きがなかなか難しいのが「水商売」というものでしょう。マニュアルはあっても、決してひとつのマニュアルには 当てはまらないのが現実です。お客様が心地良いと感じること、そして楽しいと感じること、また癒されるなど、お客さんがまたこの店に来たい、女性に会いたいと 思わせることが、大きなキャバクラの仕事内容(接客方法)の要素だと言えるでしょう。

 

また気になる待機中の過ごし方ですが、もちろん何もしない女性もいますが、それでも時給は発生しているわけですから、お店側からも言われる こともありますし、「営業」という、電話やメールでのお客の勧誘をすることもします。以前は、実際のキャバ嬢の仕事以外として、「キャッチ・客引き」ということを積極的に仕事内容(接客方法)に取り入れていたお店が 非常に多かったのですが、最近では、風営法の改正によって、キャバ嬢の「キャッチ・呼び込み」が禁止となってしまいました。また、パソコンで自分のブログを作り、ブログの更新などをしているキャバ嬢も増えています。

 

キャバクラ 求人 募集